腰痛の原因や基礎知識・マメ知識

記事一覧

腰痛が酷いから鍼治療を受けたら翌日血便が出た!どうしてなの?

酷い腰痛で苦しんでいたRさん。早々にリタイア後の生活を楽しんでいたのですが、仕事をしていた頃に生まれた腰の痛みが最近、富に酷いとのこと。けれど近くにあるのと言えば整体があるだけです。病院は総合病院が車で10分の距離ですが、Rさんは近場で済ませようと考えたらしく、結局傍にある整体に行くことにしました。

整体と言えばマッサージに鍼に電気にと、受けられる治療は沢山ありますよね?Rさんも症状を訴えた結果、鍼を整体師が選択したので、深々と頭を下げてお願いしますと言ったそうです。いざ始めるとなると「鍼は初めてだから大丈夫かな……」こんな不安が生まれました。

実際に近所の人も通院していたし、遠方からわざわざこの整体を求めてやってくる人も多く、人気の整体であることは知っています。けれどRさんは整体初体験ということもあり、中々不安のようでした。

一応は無事に鍼治療を終えられたとほっとして帰り、その日は何となく体調がすぐれないけれどはやめに寝れば大丈夫だろう。そう思ってはやめに床につきましたが、何故か翌朝から血便、嘔吐が止まらないのです。そのため家族がこれはおかしいと急きょ車を飛ばして病院まで連れていってくれたということでした。Rさんは何故このような症状になってしまったのでしょうか?鍼治療をした結果なのでしょうか?それとももとからあった持病が、鍼治療によって浮上してきたか何かなのでしょうか?

その後分かったことですが、Rさんは幼いころに鍼治療を行った近所の方が、鍼治療後に倒れこんでしまったのを目撃したことがあったのです。ですからRさんは「鍼は怖いんだ」とその時の記憶の所為で、体に合わなかったわけでもないのに恐ろしさから体調を崩してしまったのです。

心の奥深いところで、鍼が怖いものだと思いこんでいたことにより、鍼を刺されただけで痙攣を起こしたり、そのまま嘔吐しながら気絶してしまったりと、こうした拒絶反応や異常反応をする方は、実は世の中には沢山います。Rさんもまたその一人だったということでしょう。

ただし、こうした異常反応を起こしたというのだけが全ての原因ではない可能性があるため、鍼治療をしてRさんのような症状が出たとしても、全てそれだと決めつけない方がいいでしょう。何かの内臓的疾患を持ち、鍼治療によりそれが刺激を受けて出た症状とも言えなくもないのです。そうした症状が出た場合は、Rさんの家族のように、まずは病院に連れていきましょう。そこでしかるべき措置をしてもらいましょう。

腰が痛いのに妊婦に運動が必要か?それはきちんとした理由がある!

女性特有の腰痛、生理編ホルモン編で説明した通り、女性と腰痛とは常に密接な関係を築いているといっても過言ではありません。ですが妊娠時期、特に後期は更なる腰の痛みと戦わなければならないでしょう。

妊娠後期は体重の増加がもっとも多く、多い方で15kg程度の体重増加があります。妊娠後期、末期が最も高い数字になり、羊水そのものでさえ700mlもの量を、妊婦は腹部、腰に抱え込んでいることになるのです。これだけでも相当な負担が腰にあるということですね。

妊娠によって体重が増えると、どうしても妊婦は姿勢が悪くなっていきます。ここら辺は全て産院で教わることかと思いますが、母体にかかる負担から妊婦を守るために、きちんとした姿勢をとることがどれだけ重要なことか、しっかりと頭に入れること。これも重要なことですよ。

これだけ重くなる腹部と、その荷重がかかる腰ですが、これを守るために、妊婦に求められるのは適度な運動です。何故なら女性ホルモンの増加により筋肉やじん帯が緩み、それにより腰への負担が増加します。ですがそれらを更に痛めつけるのは運動不足による弱った筋肉が追い打ちをかけるのです。

筋力が低下したところに更に筋肉が痛み、関節に更なる負荷がかかります。そしてより大きな負担を腰にかけてしまうという、こうした図式が出来上がってしまうのです。ですから適度な運動は負担でしょうが、続けましょう。辛いでしょうが自分の身体のためでもありますし、出産後の腰痛が酷くならないためでもあります。

数年悩んでいた腰痛がサプリで綺麗さっぱり、これって病気だったの?

もう5、6年もの間、腰痛を抱えて生活をしていたSさんは、既に我慢をすることに慣れてしまい、我慢を我慢と思ってもいなかったそうです。腰痛とは常にあるものだし、付き合うものだ。そんな風に思うようになっていました。けれどある日のことです、腰痛が何故かすっと消えたことに気が付きました。あれ?何か特別なことしたっけ?Sさんは特にこれといってやったことはありませんでした。腰痛のためにやったことなんて一つもないのになんでだろう?

この痛みが消える数日前のことです。Sさんは爪が薄くなってきたことに危機感を抱き、亜鉛サプリメントを購入してきました。亜鉛が足りないことで爪が薄くなってくるため、亜鉛サプリメントは男女の区別なく、購入する方が多いのです。そのためSさんもこれにならうように購入しました。

毎日規定量のみ、なんとなく毎日を過ごしていると、なんだか最近調子がいいかもしれないと思えるようになったと言います。そうです、それは腰の痛みが段々と減ってきていたからだったんです。それこそが亜鉛サプリメントの力だったのです。

亜鉛サプリメントが何故腰痛にきいたのかというと、実は鉄分欠乏が原因になり、関節痛が起こることもあるのです。原因不明のこの関節痛ですが、亜鉛不足を補うことで治るので、亜鉛をとりあえず飲んでみよう、治った!で治ってしまうので特に問題視されていません。

病院では通常、腰やひざの痛みを訴える患者には、治療を始める前にレントゲンを撮っていますが、これを撮る前に現在では血液検査が必要だと提唱されています。ですからほとんどの病院で腰が痛い、膝が痛いと訴えてくる患者は、レントゲンも血液検査も、ほぼ同日、同時進行で行われる初回の検査になっています。それはこれを調べるためなのです。

これは器質的疾患ではなく、機能的疾患による腰痛です。ですからこうした亜鉛を摂りこむことで治るように、原因となるものを取り除くことでその痛みがなくなるのは何ら不思議なことではないのです。
(⇒腰痛改善の飲み薬は効果がある?

無闇に揉むことが腰痛にはいいことじゃない!腰痛悪化してもいいの?

腰が痛いなと思ったら、家族に揉んで貰うようにしています。笑顔で話しているのは老齢のIさんです。この方は息子夫婦と共に暮らしているため、孫などにも揉んで貰うそうなのですが、それを羨ましそうに聞いていたのはIさんよりも幾分、年齢が若いGさんでした。Gさんは自分も、もしも腰や肩がおかしくなったらやって貰いたいものだと考えていましたが、その念願がこのたび、叶いそうだとのこと。

実はGさんの家の近所に、娘夫婦の稼ぎ頭である旦那さんの勤める会社の系列企業があるということで、このたび執行辞令が降りたらしく、娘夫婦が同居をしようと持ちかけてきたというのです。Gさんは早くに連れ合いの方を亡くされていたこともあり、このことを大変喜んだそうです。

そして娘夫婦が戻ってきてから半年くらいのことでした。IさんGさんも参加した、地元で行われた地域対抗の運動会でのことです。張りきったIさんとGさん、矢張り年には勝てず、揃って腰を痛めてしまったのです。

ただしIさんはしょっちゅう腰を痛めていたため、今回もかと家族のもとで安静にしていたようなのですが、Gさんの家では初めてのことでしたから、Gさんが娘さんに「揉んで欲しい」と腰のことを指さして言うものだから、頑張って腰を揉んだのです。けれどこれが実は逆効果になるって、知っていましたか?

実は安易なマッサージってとっても危険なんです。今回Gさんがなったのは急性腰痛、いわゆるぎっくり腰です。ぎっくり腰の場合、マッサージは大変危険なものです。それは素人に揉まれたからではなく、マッサージそのものが危険ということなので、その点は良く覚えておきましょう。

ぎっくり腰のような急性の腰痛の場合、腰はまさに今、炎症を起こしている患部ということ。ですからその炎症を起こしている患部を温めてしまうことになるので、絶対にしてはいけないのです。

もちろん整体師の手によるマッサージでも無理です。悪化してしまいますので、この場合は冷やすか、またはそのまま安静にしておくこと。もしくは整形外科などを受診するようにしましょう。

無理に動かしたり温めることにより、急性腰痛は悪化します。その場では揉むことで楽になった気はしますが、後になってから悪化するのがこの急性腰痛です。忘れないようにしてくださいね。

親知らずを抜いたら腰痛が治ってしまった!意外に知らない腰痛の原因

実を言うと綺麗な真っ白い歯だと思っていたその歯、すこ~し掘り返して見ると、まっ黒だったりするんですよ。知っていましたか?定期的に検診をと思って歯医者にいったところ、そこで「ああ、これは虫歯だね」なんて言われてしまいました。

え?歯石を取るつもりでいったんだけど、まさかの虫歯?痛みもなかったし、そもそも歯だって全部真っ白。これでどこに虫歯があるって言うんだろうと首を傾げていたところ、「いいかい?見ていてね~」と言って、リアルタイムに動画撮影したものを、そのまま即座にあなたに見える様にしてくれました。

真っ白な歯の上をコリコリ、コリコリ、削ってみたところ、そこにはなんとまっ黒な穴が生まれてしまったんです。驚きですね。何も無い綺麗な歯だったのは、それこそ表面だけだったんです。そんな風に虫歯というのは、一見して分かりにくいものです。医師でも見落としてしまいがちなこの歯の健康。実を言うと腰痛にも密接な関係があったんですよ。

なんとなくここ半年くらいで顔が歪んだ気がする。気になり周囲に尋ねたところ、確かに若干片方の頬が腫れているような気がするとのこと。「もしかしたら虫歯なんじゃないの?」と言われ、急きょ週末に歯医者の予定を入れたそうです。

そこで医師から告げられたのは親知らずとの、よくある診断。ああ、だからじわじわとなっていて痛みもなくて気がつかなかったのかと思っていたのですが、取らないと横に生えて来ているから問題かもねと言われ、急きょ親知らずを取る予定を組んでその日は歯石を掃除して貰い終了。後日歯医者で親知らずを取ってみて驚いたそうです。

「あれ?親知らずを取ったら腰痛消えたんじゃない?」事務仕事の激務で、疲労のため仕方ないと諦めていた腰痛が、親知らずをすぽんと抜いて、それから一週間。頬の腫れが引いてきたのと同時に、腰の痛みが全くなくなってしまったというのです。これは一体何故なのか?

元から歯の健康というのは、狂ってしまうことで半身不随でもあるまいに、歩けなくなるくらいになってしまうほど、繊細なものなのです。ですから親知らずにより腰痛が発生、更にはこれを取り除くことで改善されるというのも、ある意味では至極当然の流れだったというわけですね。

ですから日頃から体のメンテナンスは隅から隅まで行うこと。これはかかせてはいけないんです。そう、歯の一本一本までもですよ。

もう重い物を持ってぎっくり腰にならない!楽に重い物を持つ方法!

よく「重い物を持ちあげようとしてぎっくり腰になった」というのは聞きますよね。年を召した方から、若い方まで、皆さん一様にぎっくり腰になる理由は重い物を持ちあげた時です。

では何故、重い物を持ちあげたくらいでなるのでしょうか?だって日常の一つの動作じゃないですか?それなのになぜ、腰痛になってしまうのでしょうか?

実は腰痛になってしまう人、ぎっくり腰になってしまう人、皆さん理由がありました。ズバリ、持ち上げ方が悪かった!実は重い物を持ちあげる時、人は腕の力だけで持ち上げようとしてしまいがちなのですが、それって腕の力じゃなくて、腰に思いっきり負担をかける、腰を使う持ち上げ方だったんです。ですから腰に負担のかからない持ち上げ方をすることで、ぎっくり腰は未然に防げるということなのですね。

腰に負担のかかる持ち上げ方は、膝が伸びて重い物を体から離して持ちあげる持ち上げ方です。これは存外皆さんやりがちなものですね。ですが負担がかからない持ち上げ方は、荷物が床にあると仮定してですが、床まで膝を曲げて腰を下ろし、全身を使い持ちあげることがポイントです。そして出来るだけ身体に近いところで常に重い物を持つこと。

腰ではなく腹筋や背筋を使うこと。使うというのがどうやるか分からない人は、まずはお腹に力を入れてみてください。そしてそのまま重い物を持ちあげてみましょう。するとなんだか楽に持ち上げられている気がしてきませんか?つまり、そういうことです。こうして重い物をちょっと工夫して持ちあげることにより、腰をぐきっ!とやってしまうこともありません。

ぎっくり腰になって病院送りはちょっときついですし、何度も繰り返すとヘルニアなどになりかねませんよ。ですからこのような持ち方の工夫って、実は大変重要なことなんです。ちょっとのことからコツコツと、腰にいい生活を心がけてみてくださいね。

ほとんど知られていない更年期障害が原因の腰痛について知りたい!

あなたは、いずれあなたの身にも訪れるであろうはずの、更年期障害についてご存知ですか?詳しく知らないと言う人がほとんどの中、自分の母がそうだったから知っていると言う人もいるでしょう。テレビでもよく見るこの更年期障害。実は付き合うのが大変難しい病気でもあるのです。

40代くらいから気にし始めなさいと言われる更年期障害ですが、最近おかしいかな?といった程度の症状から始まるため、気がつかない方が多いそうです。因みに男性でも女性でもなりますのでご注意を。

更年期障害の症状はこちら。頭痛、ほてり、イライラ、肩コリ、月経異常(これは女性の場合になります)、眩暈、不眠、性欲低下、良く分からない不安感などなど。耳鳴りなんかもあるので、一つ二つの症状ということもなく、これって更年期?と気がつくまで別の病気を疑ってしまうものです。

この更年期、病院にいっても医師によっては「ただのうつ病ですね」と診断がおりたりもするのでご注意を。誤診によって別の薬を飲まされて悪化なんてことにもなりかねません。そしてこの更年期障害、実は腰痛とも関係があるのです。
(⇒実は腰痛はストレスからなることもある

節々が痛い、身体が重い、だるくてイライラする。これらは更年期障害の症状でもありますが、結局更年期障害はホルモンバランスの崩れによるものであるため、この更年期障害が原因の腰痛である場合、更年期を過ぎるまで待つしかありません。手立てがないのです。ですからホルモンバランスが崩れているからだと理解し、そして周囲にも理解して貰いましょう。

更年期障害には薬があります。正しい薬を処方して貰い、症状の改善を試みてください。ある程度の年齢になりましたら、ぎっくり腰だから仕方ない、ではなくて、まずは更年期を疑ってみてくださいね。そして、整形外科で駄目、整体も駄目、カイロプラクティックも駄目……気がつけば原因が全く分からないどころか、どこにいっても駄目で全滅だ、なんてこともあるかもしれません。ですがそれはきちんとした専門家が見ていないからこそ気がつかないだけなのです。我慢しても治らない、別の薬を飲んでも治らないのも当然ですよ。適した薬で快適な生活を送りましょうね。

腰痛と軟便、もしかして妊娠?性交渉から日が経っていないのに?

腰がなんとなく痛いかな?程度の感覚がして、お腹がなんとなく、緩くて……これって何の症状なんでしょう?下痢ってほどではないにせよ、緩いお腹の所為で何度も何度もトイレに駆け込むことになり、更には腰が痛くて首を傾げます。これは一日二日程度ならばまだいいですが、流石に一週間近くも続く症状だとすると、ちょっとばかりおかしいですよね。ただ、気になるものがないわけでもないんです。

それはズバリ妊娠です。妊娠するとよく言われますよね。普段と違う症状が出るものなんだよと。お腹が緩くなったり、腰痛がしたり、他にもなんとなく吐き気がしたりと人により様々です。じょじょに腰痛が酷くなってきたところでどうすべきか迷ったそうです。一応病院かな、と。

そして病院にいってみたところ、やはり妊娠していたとのことでした。腰痛がひどかったのも、お腹が緩かったのも、妊娠していたからが理由だそうです。妊娠すると直ぐに諸症状が現れるというのは驚きですね。

因みにですが、性交渉をしてから二週間。たったこれだけの日数しか過ぎていなくとも、検査薬は反応するため、気になる方はそちらで検査してみるのもいいでしょう。もっとも短い妊娠では、性交渉から十日で妊娠が判明したと言う方もいます。

そういった例もありますから、女性の場合は安易に腰にレントゲンは止めましょう。性交渉をしてから十日などの短期間であっても、妊娠している可能性があるのです。腰痛がする前、じっとその頃何があったのか、原因を思い返す作業も必要なことですよ。

腰痛のメカニズムをもっと簡単に!子供でも理解出来るよう教えて!

子供でも腰痛に悩まされることはあります。病院にいってみても病名は分からないし不安一杯で辛いこともあるでしょう。ですから子供にも分かる、原因がぱっと理解出来るように腰痛のメカニズムを分かりやすくまとめてみました。

沢山走り回ると全身が気だるくなりますね。授業でもそうですし、部活でもそうです。遊び回っていても疲れたと、へたりこむことはありますよね。このように気だるくなるまで疲れをためこんでしまうと、気がつけば腕や足がパンパンに張ってくることがあるはずです。背中に手を回して見た時、なんだか腰のあたりが温かくなっていたときは注意してください。それはそこの温かい部分の筋肉が痛んでしまっている証拠なのかもしれませんよ。

そんな風に筋肉が温かくなってしまい、少し痛いかなと思い始めた時には、もうすでに身体がなんだか動かしにくいような気がするはずです。こうなると今度はそわそわしたりしませんか?

落ちつかず、そわそわとし始めると、頭の中がぐちゃぐちゃになってきて、身体中が緊張してきます。すると血液を送るための血管が、カチカチにかたまってしまって血液が身体中に送られなくなってしまうのです。すると身体中に流れる血液にのって栄養が送られていたものが、送られなくなり、筋肉の中で痛みを与える物質が作られてしまいます。それにより腰が痛みを訴えるんですね。だから、沢山動いたあとは身体中が痛くなるというわけです。

そしてこの痛みは繰り返すことによってこれからずっと続くようになりますので、疲れた時には身体をきちんと休めておくことが必要ですよ。
(⇒正しい姿勢を身につけることで腰痛は防げる!

整体マッサージは保険適用?腰痛治療どこまでが保険適用内なのか

病院にいってみても中々腰痛は治りませんね。牽引治療もあっている人にはいいのですが、あわない人は全く効果が実感出来ないと言いますし、整形外科じゃ治らない!なんて言い切る方も存外多い。病院じゃ無理だから、マッサージやカイロプラクティックや整体に行こう、そんな風に決意したDさん。この方は妊婦でした。

彼女は妊娠中なので、病院で「後期に入ると、どうしても腰は痛いものですから」と言われてしまいました。要約すれば腰痛は諦めろと言うことの様ですが、こんなの、Dさんからすれば納得はいきませんよね?ですから病院外のところを探すことにしたのですが、そこではたと気付いたのです。どこからどこまでが保険適用になるのかな?と。整体はどうなのか?マッサージは保険適用か?電気をあてて貰うのはお腹の子に害があるかないか?整体と接骨院どちらがいいか?などなど疑問は尽きません。

実際に妊婦が整体にいくのはOKしているところは沢山ありますが、保険適用される整体やマッサージ、カイロプラクティックとなると話しは別です。中々そういうところは見つかりません。

ですからこうした時は整形外科を探しましょう。保険適用は整形外科でしたら勿論されておりますので、その点は安心ですよね?出産後も勿論、通い続けられるというのも良いでしょう。ただし、病院側が妊婦でも大丈夫と言ってくれた場合のみこれはかかれるのですが、妊婦でもかかれるかかかれないか、その点を病院に事前に電話連絡を入れて確認してみましょう。腰が痛い、辛いと訴えて、妊婦の受診が出来ないかを尋ねること。部分マッサージでしたら整形外科でもやっているところがあるのでそういうところがいいでしょう。

因みに最近増えて来ている整体の保険適用ですが、これは結局健康保険の支払いで揉めるので、次月から止めるようにと連絡が入ったり、保険適用はないと言われたりと、散々な結果になることも多いので、心労が貯まり妊婦の身体には負担が大きい結果になることも予想されます。ですから整体で受け入れを求めるのもいいですが、矢張り整形外科で最終的には探した方が楽かもしれませんね。

<1 2 3 4 >