知られていないが更年期障害で腰痛になる

ほとんど知られていない更年期障害が原因の腰痛について知りたい!

あなたは、いずれあなたの身にも訪れるであろうはずの、更年期障害についてご存知ですか?詳しく知らないと言う人がほとんどの中、自分の母がそうだったから知っていると言う人もいるでしょう。テレビでもよく見るこの更年期障害。実は付き合うのが大変難しい病気でもあるのです。

40代くらいから気にし始めなさいと言われる更年期障害ですが、最近おかしいかな?といった程度の症状から始まるため、気がつかない方が多いそうです。因みに男性でも女性でもなりますのでご注意を。

更年期障害の症状はこちら。頭痛、ほてり、イライラ、肩コリ、月経異常(これは女性の場合になります)、眩暈、不眠、性欲低下、良く分からない不安感などなど。耳鳴りなんかもあるので、一つ二つの症状ということもなく、これって更年期?と気がつくまで別の病気を疑ってしまうものです。

この更年期、病院にいっても医師によっては「ただのうつ病ですね」と診断がおりたりもするのでご注意を。誤診によって別の薬を飲まされて悪化なんてことにもなりかねません。そしてこの更年期障害、実は腰痛とも関係があるのです。
(⇒実は腰痛はストレスからなることもある

節々が痛い、身体が重い、だるくてイライラする。これらは更年期障害の症状でもありますが、結局更年期障害はホルモンバランスの崩れによるものであるため、この更年期障害が原因の腰痛である場合、更年期を過ぎるまで待つしかありません。手立てがないのです。ですからホルモンバランスが崩れているからだと理解し、そして周囲にも理解して貰いましょう。

更年期障害には薬があります。正しい薬を処方して貰い、症状の改善を試みてください。ある程度の年齢になりましたら、ぎっくり腰だから仕方ない、ではなくて、まずは更年期を疑ってみてくださいね。そして、整形外科で駄目、整体も駄目、カイロプラクティックも駄目……気がつけば原因が全く分からないどころか、どこにいっても駄目で全滅だ、なんてこともあるかもしれません。ですがそれはきちんとした専門家が見ていないからこそ気がつかないだけなのです。我慢しても治らない、別の薬を飲んでも治らないのも当然ですよ。適した薬で快適な生活を送りましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加