腰痛を詳しく調べたらリンパ腫だった

内臓からくる腰痛かもと言われ検査したら出てきたのはリンパ腫!

三週間前くらいから腰が痛くなってきて、発熱もしていました。段々とそれが強くなってきたあたりでこれはなんだ、おかしいぞと思い、整形外科にいってみることにしました。ですが原因不明、特に何らかの原因も見つからず、痛みはどこからきているのかも分からなかったのです。

それから一週間経ってからのこと、今度は背中まで痛くなってきました。更にお腹を押すとなんだかお腹も刺す様な痛みがして、やっぱりおかしいと再度確信を持って病院へいくことに。ただし最初にいった整形外科にはいっても無駄だと思った為に、近くの整体にいってみました。するとそこで言われたのは内臓的なものかもしれないので、病院で検査をしてみてくださいね、とのこと。整体では結局マッサージをするとむしろ痛みが増す為断念しました。

更にその次の日のことです。大きな病院に向かい、そちらでこんな症状がと訴えてみたところ、血液検査やレントゲンから始まり、CTに尿検査、エコーまでしてもらい、ようやくそこで見つかったのがリンパ腫だったのです。長々とかかりましたが道理で整形外科で見つからないわけですね。

(悪性)リンパ腫とは、リンパ節、脾臓、扁桃などの細胞が悪性化することによる、無制限に増殖し続けてしまう病気のことで、白血球と同じように血液のがんです。これがあることにより、腰が痛みを発していたのです。恐らくは全身痛かったはずですが、気が付くのが遅れれば、更に悪化していて全身が病魔に侵され手遅れになっていたことでしょう。

このリンパ腫というのは、身体の表面近くのリンパ節が最初、腫れて来る病気で、小さなこぶのような腫瘍が表面に浮き上がってきますが、でやすい部分が首や脇の下などとなっているものの、決まってそことなっているわけではなく、今回腰が痛むといったように、別の場所に症状が現れることもあります。

リンパ節が腫れて痛い。発熱があり、節々が痛い。リンパ節が腫れているかどうかは中々見つけられず、発見が遅れることがあります。ですが血液検査をすれば大体が、がんかそうでないかは分かるはずです。ですからまずは整形外科ではなく、発熱など腰痛とは別の症状があった時は総合病院などの大きな病院へ向かいましょう。そこでは腰痛を訴えれば血液検査をまずはしてくれるはずですよ。最初から整形外科では中々そうはなりませんが、総合病院ならば話しは変わってきますからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加