ジョギングを始めると腰痛が治まる

メタボ対策でジョギングを始めたが何故か腰痛が治まる、これは何故?

メタボ対策で歩く、ジョギングをする、こういった運動をするようになられた方は多いでしょうね。自分からする様になった方もいられるでしょうが、周囲からのすすめでやるようになったと言う方もいるはずです。健康診断でメジャーでウエストをはかる時、ここからメタボと、はっきりと分かる様に書いてあるメジャーもあるくらいですから、運動をすすめられてするようになった場合は、周囲からの圧力もあるのかもしれませんね。

メタボ対策でジョギングを一か月ほど続けていた時のことです。毎日十分から多い時で三十分の短いジョギングを続けていると、何故か今までは腰痛があって悩みの種だったというのに、これが消えてしまったのです。あれ?と最初は思っていたのですが、やっぱり走り始めてから痛みがないのです。何度も続けばたまたまではないですよね。
(⇒運動不足解消にジョギングは駄目?

けれどたったこれだけの話しであれば「良かったね」で終わってしまう話しですが、話しはここで終わりません。この痛みが消えているのは、ジョギングをしている間だけだったのです。これってどういうことなのでしょうか?病気でしょうか?

走っている間だけ痛みが無くなるというのであれば、もしかしたら走っている時の姿勢は正しい姿勢なのかもしれません。ですが何故かそれ以外の時は姿勢が悪いのかも?だとすると腰痛が持病ということになりますから、まずは姿勢を正すよう心がけ、歩くことから運動はスタートさせましょう。腰に負担をかけないようにして、腰回りの筋肉の増強をはかるのです。
(⇒正しい歩き方とはどういったものなのか?
(⇒一定の量歩くと腰が痛いってどういうこと?

このエントリーをはてなブックマークに追加