人身事故で腰痛に、保険会社がもう駄目

人身事故で腰痛に、治療を受けていたら保険会社が「もういいよね」?

半年ほど前のことです。交通事故に遭いました。相手が加害者で奇跡的にも10対0で完全にこちらが被害者。全面的にあちらが悪いし、支払いもあちらが全面的に持ってくれるのですが……それでも現在納得がいっていないことがあります。そんな序文からスタートした相談内容ですが、交通事故の被害者の方が、実は苦労をしているんですよね。

加害者の方は実を言うと、「この間の交通事故被害者との裁判が、このたびようやく終わりましたよ」そんな手紙を一枚貰うだけで、交通事故の現場以降は終了してしまったりします。忘れた頃に手紙だけ貰うものですから、加害者意識はゼロなんて人も多く、誰かを轢いた事そのものを忘れてしまいがちなのです。

ある日のことです。この被害者の方の元に、暫く音沙汰の無かった加害者側の保険会社から、突如連絡が入りました。「交通事故のことで相手(加害者)が謝りたいとか、そんなことだろうか?」ぼんやりとそんなことを考えていれば、次の瞬間とんでもない話しをされたのです。保険会社はこともあろうに「もう半年も病院に通っていますよね?治療はもういいんじゃないですかね?もうこれ以上良くならないのでは?」つまり「だから通院を打ちきれ」ということを言ってきたのです。

その連絡は早々に打ち切り、その方は通院を続けたと言います。ですが保険会社はそれを知っているのだろうに封書を寄越してきました。そこには今までかかった経費、そして慰謝料などを一覧にしたものが入っていたのです。これだけ払って終わりですと言うことのようですが、未だこの方は腰痛が取れず、身体中辛いため納得がいきません。そもそも通院を止めた事は全くなかったのでそんな風に妨害やさっさと終わりにしろよとされる理由が全くないはずです。

実際にこうした交通事故などでは、医師から症状固定との診断がおりない限りは、通院を続けていいのです。ただし慰謝料の上乗せなどがそれで出来るかと言えば難しい。けれど通院を続けることにより、通院にかかった諸経費や、通院を続けることでの別の経費の上乗せは出来るため、「納得がいかないし、体がまだ本調子じゃないから嫌だ!」ということであれば通院は続けるべきでしょう。

加害者側の保険会社は何としてもこれを止めさせたいと考えていますが、病院側まで通院を止めろといってくるわけでもない限り、構わず通院をマメに続けるべきです。ただし病院の通院をしない、通院をサボり気味になってきたとなると、病院側も保険会社からの圧力に屈することもありますから、そうした妨害の入る余地を作らないことが肝心です。

被害者は交通事故では基本的に当てられ損になりがちなものですが、こうならないために「病院はマメに通うこと」そして「きちんとした病院の手続きは踏むこと」これが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加