腰痛の原因や基礎知識・マメ知識

記事一覧

腰痛の治療を受けようとしたら会社が保険料の値上げ通告?これは何?

小さな会社に勤めていたAさんは、そこで運転手として働いていました。車の運転をする仕事であるため、どうしても車の運転を終えると体がギシギシとなるのが辛いと最近零していたのです。気がつけば首、肩、腰と、痛みが出始めていたのだそうです。
(⇒車のシートで腰痛になることもある

そんな痛みが続いていたある日のことです。長時間の運転を終えて会社に戻る途中、腰をぐきり。それから暫く様子を見ましたが、矢張り腰は痛めたまま、回復するはずもなく、仕方なく病院にいくことを決意しました。

ですがいざ病院にいき腰の治療を始めた時、何故か会社から連絡が入ったのです。最初の二回は既に先月の通院だったのですが、このまま今月も通院を続けようと考えていた矢先のこと。連絡の内容はこうでした。「このまま通院すると保険料を値上げさせていただきます」何故か保険料の値上げ徴収の連絡で、更には通院を邪魔するような宣告までもされたと言います。

実際にこういったことは、他にもあります。被害者側として交通事故などで通院をしているとこんなことはよくあることなのですが、加害者側の保険会社からこれ以上通院はもうしなくていいでしょう?と連絡が入るのです。ですがこの場合は止めるべきなのでしょうか?

運転手Aさんの話しの場合、会社は上場しておらず、会社保険は強制加入必要条件が揃っているきちんとした法人とのこと。ですから保険料が強制徴収なのですが、その値段が上がることそのものが有り得ない。更に言えば一年間に極端なほど多くの高額治療を受けてでもいない場合、そのような勧告は有り得ないのです。従ってAさんがこの腰痛で病院を訪れた以外病院で治療を受けていないと言う場合、この勧告そのものがおかしいのです。

ましてや治療をただ二回受けただけでこれ以上通院したら保険料増やしますなんてことはどの法律にもなく、会社の中でそのような決まりがあるとも考えにくいでしょう。ですからこのような治療を受けたくらいで保険料は増加しないことを覚えておきましょう。

会社は健康保険を利用することを制限する権限が本来なく、治療を受けない様に強制することも出来ません。ですからこれは違法となるため、結局Aさんは弁護士を立てて会社を訴えることにしたそうです。実は腰痛になった理由は、長時間の運転を会社から強いられていたからであり、その長い時間を運転しても、残業代も支払ったり支払われなかったりとマチマチであったという背景もあり、苦渋の決断だった模様。

昨今こうした会社側の経費を抑えるための圧力が増えてきていますが、萎縮するのは分かりますがきちんと調べて間違っている時は間違っていると訴える勇気も必要でしょう。Aさんのように病院にかかる権利は誰しもあるのですから。

妊婦に薬は大敵ですがそれでも腰痛は容赦ない!何まで使用してもOK?

妊婦の腰への負担は想像を絶していると考えていただいて結構でしょう。妊婦の方は毎日のように腰に10数キロの重りを常につけて生活をしていると考えればもっと単純に理解することが可能かもしれません。日がな一日それがついているんです。それも、全身の関節や筋肉が緩み、腰に更なる負担をかけてきます。その上食事に制限、薬に制限、運動に制限、冷やしてはならないと言うことで夏の暑さの中も冬の寒さの中も制限だらけ。どれだけ大変か訴えても中々理解して貰えないのが辛いところですが――そんな全てを禁止されて、必死に生活しているのが妊婦なのです。

そんな制限だらけの妊婦は、腰痛が酷くなっても薬が使えないので我慢するしかありません。それこそ自分では手が届かないのでパートナーの手を借りて腰を擦って貰うこともあるでしょう。誰かの手を煩わせることもありながら、なんとか腰の痛みを軽減させてと、痛みをどうにかしているようです。ですが中々にパートナーや家族も常に一緒というわけにもいきませんから、腰が痛くても我慢するのがほとんどでしょう。

ですが我慢がきかないような痛みも世の中にはありますよね?そんな我慢のきかない腰の痛み、何とかならないでしょうか?薬って、本当に使ってはいけないのでしょうか?湿布は大丈夫?それとも駄目?薬は何までは使ってもいいという、境界線はあるのでしょうか?

医師に尋ねてみたところ、風邪薬ならば市販程度のものならば飲んでも平気なのだとか。そして湿布は貼るタイプのもの、そして塗るタイプのもの、どちらも使用はOKだそうです。ただし、湿布はインドメタシンのように強い薬品が皮膚から吸収されるタイプのものは避けていただくほうがいいでしょう。ですが市販のサロンパスくらいならば問題はないということですよ。

ただしくれぐれも医師に相談の上使ってくださいね。人によっては使用できたりできなかったりと、差がありますからね。全員が同じとは限りませんよ。母体を大切に、労わる様に、日々を送ってくださいね。

妊娠後期になると腰痛とおしりの痛みに悲鳴!妊婦が知りたい秘密

妊娠七カ月、今までは早くお腹が大きくなあれと考えていただけなのに、なんだか腰が痛いので「こういうものなのかしら?」と新米ママさんは最初からずっと何かしら疑問を抱えていました。実際に初めての妊娠、出産、となると分からないことだらけでどうしたらいいのか分かりませんよね?こういうものなのかしら?さて、実際に妊娠七カ月頃になると腰が痛くなるものなのでしょうか?
(⇒妊娠後期になってくると寝にくいけれど、これがあれば良く寝れる

妊娠中に腰が痛くなるのは人によりますが、あります。腰の左側だけがズキズキして、痛い。右の腰がズクズクと刺す様に痛い、などなど。人により様々です。家で出来る対処としては温めるのは勿論のこと、お風呂で勿体無いかもしれませんが、シャワーを痛い場所にかけてあげることなんかがきくそうですよ。

けれどもっと効果があるのは整体です。妊婦が整体?いっていいの?マタニティウェディングで産毛の処理を断らない場所が増えてきたとは言え、妊娠期間中に整体なんて出来るのか!?なんて誰しも思うはず。ですがこれが出来ちゃうんですよ。

そもそも妊娠期間中となると薬など一切が使えないため、病院などは自然と足が遠のきます。病気にかからない様に細心の注意を怠らずに過ごす日々。けれど薬を使わないからこそ、整体では処置出来るのでしょう。

腰痛防止のマタニティガードルをつけてもやっぱり痛いものは痛くて、旦那さんに腰を擦って貰ってもやっぱり痛い。泣きそうなほどに辛い痛みを整体では「妊婦さんでも大丈夫ですよ」と引き受けてくれるそうです。ただし、妊婦ですから無茶なことは出来ませんよ?

妊娠していますから、優しくマッサージが基本になるそうですが、痛みは随分と楽になるそうです。あまりにも辛いと泣くのであれば、一度整体に相談をしてみてはいかがでしょうか?痛みが楽になるはずですよ。

腰痛のメカニズムを知ればあなたのしつこい腰痛ともおさらばです!

腰痛のメカニズムは、一度どこかに入り込むと抜け出ることの出来ないサイクルになっていると言われています。それはどのようなものなのでしょうか?あなたはそのサイクルを知っていますか?

腰にコリや痛みがまずは発生したとします。するとなんとなく不安になりますよね。「痛い、これは病気かな」なんて。誰しも腰の痛みが酷ければ酷いだけ不安になるはず。違和感だけでも不安になる方はいますから、痛みなんて発生した途端にたまらなくなるはずです。

そんな不安から、いつしかそれは体の不調に対する心配などに変化していき。気がつけばなんでこんなに腰が痛いのだと、怒りに変化していくこともあるでしょう。自分の身体が自分の思う通りにならなくなるのですから不快感が募り、怒りになるのはおかしいことではありません。

そうした感情の抑圧から生まれたストレスにより、自律神経が乱れ、更には交感神経が緊張してしまい、脳と筋肉が常に緊張状態になっていきます。すると常に跳んだり駆けたりしているような感じですね。

そうなると今度は筋肉が緊張しているのですから、常に筋肉は収縮していますので、それにくっついていくようにして血管が収縮します。すると血行が悪くなり、血液により送られるはずの酸素が筋肉の中から欠乏していってしまうのです。

そうなると今度は痛みの物質が筋肉の中に発生します。すると、腰から更に痛みは広がり、更にコリも広がっていき、更なる不安、そしてストレスが蓄積していくのです。

恐ろしいこのサイクルに入りこんでしまうと、全く抜けられる余地が無くなってしまいます。ですから腰痛にならないための予防が必要と言われているんですね。

痩せすぎで腰痛が酷いんじゃない?ダイエットは腰痛の天敵って本当?

日常生活の上で座業という方は数多く、その為腰痛を悩みとして抱えている人も多いですね。こんな噂、知っていますか?「痩せすぎると、腰に来るんだって!」痩せすぎって、腰によくないんですか?そのような噂を聞いた女性からの質問を受けました。実際にこれはどうなのでしょうか?噂の検証、してみましたよ。

逆の話しになりますが……よく肥満症の方は医師から痩せなさいと指導を受けますね。腰痛ですとこれは特に必須のように言われます。痛みのあまり運動が出来なくて……という場合でも、容赦なく、痩せることを命じられるわけですが、これは一体何故なのか、ということですね。

肥満症は腰に負担を滅茶苦茶かけます。何故なら、腰回りの筋肉こそがあなたの腰をサポートするための筋肉になるのです。つまり、標準体重以上に体重がある方は、重い荷物を腰に常に背負って生活しているようなものなんですね。重くて腰が痛いと悲鳴をあげるのも当然ということです。

腰が痛いから運動しない、出来ない。ですがそれと同時に肥満だからこそ運動不足に陥るのもまたしかり。それは更なる筋力の低下を招き、最終的にはあなたの大切な背骨、これを守ってくれることすらしなくなってしまうのです。

けれど「じゃあ痩せればいいんだろ!」というのも間違いです。近年では「痩せていれば健康です」とばかりに騒がれていますが、これまた間違い。太る=病気。太る=糖尿病のように騒がれていますが、これも安易ですね。太っているのは病気だからという場合もありますし、病気を招くから痩せろというのもあまりにも無知というもの。

話しを元に戻しますが、痩せすぎによって、今度は逆に腰に負担がかかります。何故なら腰を支えるための筋肉や、それを保護するためのぜい肉まで全くないから。腰に重しをつけるのもいけないことですが、腰を保護しているものを全て取り払うのはナンセンスですよ。標準体重こそが美しいのです。健康を保ち、美しさに磨きをかける方法を探ること、これこそがあなたに出来る最善のことなのだと思いますよ。

運動不足解消にジョギングはNG!腰痛に悩まされる前に知りたいこと!

仕事仕事仕事、社会人になって一番困るのが暇な時間のないことでしょうか。毎日仕事ばかりしていて肉体的には酷使されているのに、筋肉は衰えていく一方。疲れているからこそ運動出来ない。けれど疲れるというのは体力がないことの現れです。でも、運動している暇がない!あなたもこれにあてはまるんじゃないですか?運動不足解消しないと、なんて言いながらついついと疲れにかまけて寝てしまう。運動なんて出来ない日々を送っていませんか?これ、まずいですよ。

歩かない、走らない、家では寝るだけ。だらだら過ごすのは楽ですが、それっていいことなの?よくないですよね。一念発起、運動しよう!このように思ってまずは小さな頃のように運動をしようと思って見ても、小さな頃って近くの子供たちとかけっこしたり出来ましたが、大人になるといかんせんそういうのは難しく、結果として一人でないし、家族と走ることに。

一人だと近くのジムに通う話しになったりするものですが、これ、困りものです。久しぶりに運動するんだということを忘れていませんか?あなたの筋肉、予想以上に衰えていたり、しませんか?

普段ほとんどあるかない、はしらない、運動なんてしない。こんな方が急にジョギングをしました。ジムで運動をしました。急にこんなハードな運動では、あなたの弱った筋肉が参ってしまいますよ。そんなことやっちゃうと、ぐきり、腰をやってしまうんです。今まで腰痛なんてなったことないのに!そうなってしまったら、悲鳴を上げても遅いというもの。

衰えた筋肉になってしまったら、まずは都内などの駅同士が近ければ、ひと駅歩いてみるところからスタートしてみては?筋肉を動かしていることを意識しながら歩くと、たったそれだけでも案外筋肉が鍛えられていくものです。

まずは歩くことからスタートしてください。最初っからジョギングなんて、衰えた筋肉では自殺行為というものですよ。自分の体力をじっくりと考え、理解してから運動はすること。これが肝心です。動けないほど疲れるまで運動してみた、こんなスタートでは続きませんからね。

人身事故で腰痛に、治療を受けていたら保険会社が「もういいよね」?

半年ほど前のことです。交通事故に遭いました。相手が加害者で奇跡的にも10対0で完全にこちらが被害者。全面的にあちらが悪いし、支払いもあちらが全面的に持ってくれるのですが……それでも現在納得がいっていないことがあります。そんな序文からスタートした相談内容ですが、交通事故の被害者の方が、実は苦労をしているんですよね。

加害者の方は実を言うと、「この間の交通事故被害者との裁判が、このたびようやく終わりましたよ」そんな手紙を一枚貰うだけで、交通事故の現場以降は終了してしまったりします。忘れた頃に手紙だけ貰うものですから、加害者意識はゼロなんて人も多く、誰かを轢いた事そのものを忘れてしまいがちなのです。

ある日のことです。この被害者の方の元に、暫く音沙汰の無かった加害者側の保険会社から、突如連絡が入りました。「交通事故のことで相手(加害者)が謝りたいとか、そんなことだろうか?」ぼんやりとそんなことを考えていれば、次の瞬間とんでもない話しをされたのです。保険会社はこともあろうに「もう半年も病院に通っていますよね?治療はもういいんじゃないですかね?もうこれ以上良くならないのでは?」つまり「だから通院を打ちきれ」ということを言ってきたのです。

その連絡は早々に打ち切り、その方は通院を続けたと言います。ですが保険会社はそれを知っているのだろうに封書を寄越してきました。そこには今までかかった経費、そして慰謝料などを一覧にしたものが入っていたのです。これだけ払って終わりですと言うことのようですが、未だこの方は腰痛が取れず、身体中辛いため納得がいきません。そもそも通院を止めた事は全くなかったのでそんな風に妨害やさっさと終わりにしろよとされる理由が全くないはずです。

実際にこうした交通事故などでは、医師から症状固定との診断がおりない限りは、通院を続けていいのです。ただし慰謝料の上乗せなどがそれで出来るかと言えば難しい。けれど通院を続けることにより、通院にかかった諸経費や、通院を続けることでの別の経費の上乗せは出来るため、「納得がいかないし、体がまだ本調子じゃないから嫌だ!」ということであれば通院は続けるべきでしょう。

加害者側の保険会社は何としてもこれを止めさせたいと考えていますが、病院側まで通院を止めろといってくるわけでもない限り、構わず通院をマメに続けるべきです。ただし病院の通院をしない、通院をサボり気味になってきたとなると、病院側も保険会社からの圧力に屈することもありますから、そうした妨害の入る余地を作らないことが肝心です。

被害者は交通事故では基本的に当てられ損になりがちなものですが、こうならないために「病院はマメに通うこと」そして「きちんとした病院の手続きは踏むこと」これが重要です。

ぱっと正しい歩き方を身につけて、辛い腰痛を遠ざけてやりましょう!

これが出来ていないと腰痛がする、腰痛が酷くなる、そんなものはごまんとありますが、あなたはその中でも基本中の基本。姿勢が出来ていますか?案外写真で撮って貰った時に「え、わたしってこんなに姿勢悪かった?」などと思うものですが、姿勢が正しくないと全身歪んでくるものなんです。

きちんとした姿勢が出来ているかどうかというのは、基本的に足の裏を見れば分かるものです。あなたは靴底の擦り減り方、普通でしょうか?なんだか両方の足の一部だけやたらと減るような気がする。なんだかつま先が肩足だけ擦り減ってしまっているなんてことはありませんか?これはあなたの歩き方がきちんとしていないということですよ。

ここでチェックをしてみましょう。あなたの歩き方、正しい姿勢を保てていますか?まずは身体を斜めにして歩いていないでしょうか?背中は丸めていませんか?体が反り過ぎていたりはしませんか?腰が痛いとよくこのように腰を反らせてしまいますが、これはいけません。

内またですか?がにまたですか?つま先から着地していませんか?靴をひきずっていませんか?これ、当てはまる人はいますぐ鏡の前で姿勢のチェックをしましょうね。

正しい歩き方はこうです。あごをまず引いてみましょう。ただし、引き過ぎると不格好ですので横から見ての絵を大切に。次は首と背筋を伸ばし、胸を張ります。ただ、この時胸を張る!と、意気込み過ぎると腰が反り過ぎてよくありません。気をつける様にしましょう。

そして足のかかとから着地をしてください。これが基本です。そして目線が水平になるように。これが自然に出来るようになれば完璧ですよ。

節々の痛みに高熱に腰の激痛、それ、風邪じゃないかもしれませんよ!

なんだか頭痛がして、寒気も酷い。風邪だろうか?腰も激痛が走っていて思うように動けません。いわゆるこれは風邪の症状ですよね。腰が痛いというのも熱の所為で、元から持病で腰痛を抱えているなどが考えられるため、なくはない症状の一つでしょう。それどころか骨の間。節々が痛いなど、よくある風邪の症状でもこういったものはありますから、持病でなくとも腰が痛いと言うのは十分にありうることです。

ですがいよいよ高熱で動けなくなり、激痛も極まるところまでいってしまった場合、あなたは流石に病院に行きますよね?最初のころは市販の風邪薬で何とかなると考えていたけれど、高熱でにっちもさっちもいかなくなれば当然病院を考えるはず。なんとかタクシー会社に電話を入れて家族について来て貰って病院にいくと、インフルエンザの可能性もあるので検査をしましょうと言われました。熱は既に39度でしたので、それも当然の処置と言えましょう。

インフルエンザの検査は陰性。風邪だった模様。風邪の薬を飲んで熱が下がるかと思えば、解熱剤を飲んでいるため一応は熱が下がる兆しが見えたものの、解熱剤を飲んで3時間経たないくらいには、また熱がかっかと上がり始め、元と変わらぬ状態に戻ってしまった。――果たしてこれは風邪なのでしょうか?

その間も腰の痛みは叫ぶほどの痛みに変化していき、耐えられないとまた病院にいきましたが、今度は町のお医者さんではなく、市内の大学病院まで出向きました。そこでだされたのは「化膿性脊椎炎」という病名でした。

これは風邪のように熱を伴う腰痛が疑わしい病気で、微熱または高熱と腰痛がセットになっている、大変辛い症状の病気なのです。これにかかると脊椎の激痛と共に熱にうなされ、全身の辛さを訴えるようになります。けれど最初は自分でも風邪だろうと勘違いしてしまうようなもので、うっかりとそのまま完全に身動きが取れないようになることもあるんだとか。

あまり熱が長引くようでしたらこの例のように、大きな病院(総合病院または大学病院などのこと)にいって総合案内に症状を訴えてみましょう。もしかしたらあなたのそれ、ただの腰痛、ただの風邪ではないかもしれませんよ?

親知らずを抜いたら腰痛が治ってしまった!意外に知らない腰痛の原因

実を言うと綺麗な真っ白い歯だと思っていたその歯、すこ~し掘り返して見ると、まっ黒だったりするんですよ。知っていましたか?定期的に検診をと思って歯医者にいったところ、そこで「ああ、これは虫歯だね」なんて言われてしまいました。

え?歯石を取るつもりでいったんだけど、まさかの虫歯?痛みもなかったし、そもそも歯だって全部真っ白。これでどこに虫歯があるって言うんだろうと首を傾げていたところ、「いいかい?見ていてね~」と言って、リアルタイムに動画撮影したものを、そのまま即座にあなたに見える様にしてくれました。

真っ白な歯の上をコリコリ、コリコリ、削ってみたところ、そこにはなんとまっ黒な穴が生まれてしまったんです。驚きですね。何も無い綺麗な歯だったのは、それこそ表面だけだったんです。そんな風に虫歯というのは、一見して分かりにくいものです。医師でも見落としてしまいがちなこの歯の健康。実を言うと腰痛にも密接な関係があったんですよ。

なんとなくここ半年くらいで顔が歪んだ気がする。気になり周囲に尋ねたところ、確かに若干片方の頬が腫れているような気がするとのこと。「もしかしたら虫歯なんじゃないの?」と言われ、急きょ週末に歯医者の予定を入れたそうです。

そこで医師から告げられたのは親知らずとの、よくある診断。ああ、だからじわじわとなっていて痛みもなくて気がつかなかったのかと思っていたのですが、取らないと横に生えて来ているから問題かもねと言われ、急きょ親知らずを取る予定を組んでその日は歯石を掃除して貰い終了。後日歯医者で親知らずを取ってみて驚いたそうです。

「あれ?親知らずを取ったら腰痛消えたんじゃない?」事務仕事の激務で、疲労のため仕方ないと諦めていた腰痛が、親知らずをすぽんと抜いて、それから一週間。頬の腫れが引いてきたのと同時に、腰の痛みが全くなくなってしまったというのです。これは一体何故なのか?

元から歯の健康というのは、狂ってしまうことで半身不随でもあるまいに、歩けなくなるくらいになってしまうほど、繊細なものなのです。ですから親知らずにより腰痛が発生、更にはこれを取り除くことで改善されるというのも、ある意味では至極当然の流れだったというわけですね。

ですから日頃から体のメンテナンスは隅から隅まで行うこと。これはかかせてはいけないんです。そう、歯の一本一本までもですよ。

1 2 3 4 >