腰痛

腰痛でお悩みの皆さんへ役立つコンテンツが満載

腰痛 原因

腰痛の原因や基礎知識

腰痛にお悩みの皆さん!何故自分の腰痛になってしまったのか原因は把握出来ていますか?運動不足による筋力低下、年齢による身体機能の低下、他にも直接事故など合われてしまった方もいるかと思います。そんな腰痛を治すために様々な原因を調べてみましょう。



腰痛 予防

腰痛を予防・改善しよう

腰痛にならないために、また悪化させてしまわないために出来ることをご紹介します。腰椎や骨盤の歪みを解消する体操法から温泉やマッサージによる予防法、またこんな事は予防になるの?悪化するの?といった素朴な疑問にもお答えしていきます。



腰痛 治療

腰痛の診断や治療について

痛みが酷かったり、日常生活に支障をきたすような重度の腰痛ですと病院を受信しての本格的な治療や原因解明が必要になります。病院の整形外科での治療についての話や、鍼灸、接骨院や整骨院といった事柄まで幅広く治すための情報をまとめました。



腰痛 症状

様々な腰痛の症状について

腰痛の症状は、痛い・違和感がある等といっても単純なものではありません。腰のどのあたりに痛みを感じるのか、またどのような運動や動き、体の体勢の時に痛みがあるのか、といったことが原因究明や改善治療のためにはとても重要になってくるのです。



腰痛 グッズ

腰痛対策グッズの紹介

腰痛を予防するためのグッズやアイテムは沢山出ています。生活習慣や環境を変えるとともにこういったグッズも併せて使用すればきっと効果は上がるでしょう。低反発クッションやマッサージ機、温めたり冷やしたりするグッズ、あなたに必要なものはどれでしょう。



うつ伏せは危険!急性腰痛症になった時に痛くない寝方を解説します

腰痛になった時、うつ伏せで寝るのは症状を悪化させる大きな要因になります。絶対に避けましょう。今回は、腰痛の際に、痛みが少ない寝方と、治療の側面にとって勧めるべき寝方について紹介していきます。

まず、うつ伏せが腰痛にとってよくない理由から説明します。うつ伏せで実際に寝てみるとわかると思いますが、うつ伏せになると、常時、腰を反らしたような状態になると思います。人間の体の神経は、主に背骨のまわりを通っています。特に腰の後ろにあるのは脊椎神経と言って、下半身や内装の神経を束ねている非常に重要な神経が通っている部分です。うつぶせで寝ると、この部分に腰椎という腰の骨盤があたり、神経を圧迫するようになります。これが腰痛の原因になっているのです。うつ伏せ寝は、この状態を何時間も続けることになり、腰痛をさらに悪化させる原因になるのです。

どうしてもうつ伏せにならないと眠れないという人も中にはいます。うつぶせが問題なのは、腰を反る行為を強制されるからです。そのため、寝具を工夫すれば、うつ伏せでも何とかなる場合があります。例えば、腹部の下にクッションなどを挟み、山なりの体勢でうつ伏せになれば、腰を反らせることなくうつ伏せになれます。これなら、比較的腰痛にとって悪影響を与えずに済みます。

とはいえ、やはり腰痛にとって一番回復を促す寝方は横向きです。仰向けになる寝方も実際にやってみれば分かるのですが、意外と腰に体重がかかり、苦しい体勢になりがちです。また、多くの人は、左か右かで楽な横向きがあると思います。筆者の場合は右向きなのですが、これは、自身の骨盤のバランスがあり、より安定する方を好んでいると言われています。また、横向きであっても、体の真ん中である腹部は、どうしても体重がかかり負担が増します。その場合もうつ伏せの時の対処法と同じように、クッションやタオルや座布団といった緩衝材を挟み、体にかかる圧力を分散させることが腰痛を悪化させないコツです。

ぎっくり腰などの急性腰痛の場合、正しい寝方を維持すれば、それだけで治ってしまうことがあります。そのため、しっかりと負担がかからない寝方をマスターして、迅速な対応を取ることが、腰痛の治療に一役買うのです。

外科?内科?腰痛の際に受診すべき病院の違いを教えます

腰痛になったら、ほとんどの人は病院で診てもらおうと考えます。中には、自分で何とかしようとする人もいますが、痛みがひどくなり、原因がわからない場合、素人にどうにかできるレベルではないので、仕方なく病院に行こうと考えるでしょう。腰痛の場合、大抵はぎっくり腰などの急性腰痛か、長期間腰に負担を与えた末の腰痛症であることがほとんどなので、整形外科に行くことになります。この場合、腰痛の原因は腰椎や骨盤変位による神経圧迫にあることが多いので、診察を受けるべき病院は「整形外科」になります。

一方、内科を受けるべき腰痛というのも存在します。腎臓に異変が見られる場合、整形外科の医療環境では対応できません。ですが、この内臓に原因があるかどうかを判断するためにも、まずは整形外科でレントゲンを撮る必要が出てきます。そのため、内科だろうと外科であろうと、腰痛になった場合、まず最初に行くべきなのは整形外科です。そこで、腰痛の原因を特定して、はじめて、接骨院や、神経内科といった他の医療機関に診察、治療をするために移動するのです。

内臓器官に異常があり、その症状の一部として、腰に痛みが出てきた場合、レントゲン撮影した時に骨に異常は見られません。その時に初めて、内科という候補が出てくるのです。腰が痛いからといって、真っ先に内科に行くのは間違っています。まずはどんなことでも腰痛になったら整形外科に行くということを理解していれば問題ありません。

椎間板ヘルニアのような手術が必要な病気であっても、整形外科で行えるうえ、保険がきくので費用も安く済みます。ただ、明らかに外傷と言える場合は接骨院に直接行っても問題ありません。例えば、腰を何かに強く打って、その結果痛めたということが分かっていれば、腰椎捻挫の可能性が高いです。接骨院は、こうした骨や関節を痛めた時に治療することを専門としています。腰痛の際に基本的に診察を受けるべきなのは整形外科ですが、必要に応じて、複数の医療機関に判断を仰ぐのも、一つの賢い方法です。

腰椎分離症と腰椎すべり症になりやすい人の生活習慣

腰の病気として、腰椎分離症と、腰椎すべり症が挙げられます。この二つの病気は、腰の部分を支えている腰椎という場所に問題がある病気です。この二つの病気の原因は、筋肉の過負荷によって、腰椎が支えきれなくなり、その結果、腰椎の位置がずれてしまったりすることによって起こります。ここでは、生活習慣の観点から、将来的に腰椎分離症を発症しやすい人の特徴を紹介していきます。

腰椎分離症や腰椎すべり症の基本的な要因は、細胞、筋肉組織の老化、機能低下にあると言われています。通常、これらの要因は加齢によって引き起こされます。そのため、多くの腰椎分離症患者は高齢者なのですが、例外的に中年でもこれらの病気を発症することがあります。彼らに共通して言えるのは、生活習慣上に問題があるということです。

腰椎に負荷をかける最大の原因は、筋力の低下です。特に腹筋と背筋の二つが腰の部分の大きな役割を担っているのですが、これらの筋肉が衰えると、本来は筋肉によって支えられるはずの体重や、維持されるべき姿勢の負荷が全て腰椎にかかってきてしまいます。それが、長期間続くことで、腰椎分離症の原因になるのです。

そのため、生活習慣で気をつけることを挙げるとすれば、筋肉を維持することが最も重要になります。特に背筋は、人体の筋肉の中で一番強く、大事な筋肉です。背筋は正しい姿勢を心がけることで鍛えられますが、ストレッチや筋肉トレーニングを併用することで、より強く鍛えられます。体を鍛え上げているスポーツ選手などは、腰椎分離症になっても、持ち前の強靭な肉体で体を支えることができるので痛みを発症することが少ないと言われています。

そのほかにも気をつけるべき生活習慣は、運動を欠かさないこと、バランスのいい食事をすることです。特に肥満体型になると、腰への負担が増えるので、体型管理はしっかりと行うことが病気にならない唯一の方法であると考えられます。

腰が痛い?違います!背中の腰の痛みは腎臓の病気です

腰痛の痛みかと思っていたら、それが実は腎臓の病気だったという例があります。なぜ、私たちは、腎臓の痛みをただの腰痛と認識してしまうのでしょうか。今回は、本当は腎臓の病気であるにもかかわらず、私たちが腰痛だと判断してしまう原因についてと、腰痛が腎臓病かをチェックできる方法について解説していきます。

まず、私たちが腰痛と感じている場合、痛いのは言うまでもなく腰の部分です。腰の横の部分が痛い場合、これは単純に腰痛です。また、お腹の正面から体の中が痛いような感じを受ける場合、これも腰痛であることが多いです。問題なのは、腰の部分なのですが、背中の部分が時に鋭く痛む場合です。この場合、腰痛ではなく、腎臓に問題があるケースを想定して対応しなければ、危険な場合があります。

次に腎臓に原因があるかどうかを確かめることが重要になってきます。痛みが背中にあっても、それがただの腰痛の症状の一首中、それとも、本当に腎臓に問題があるのかを判断しなければいけません。これを確かめるのに一番簡単な方法があります。多くの医師が判断基準にしている検査方法でもあり、自宅で簡単にできます。

まず、足を肩幅に開き、背筋を伸ばして立ちます。この時、全身の力は抜いておきます。次に両方の腕を伸ばして、「前へならえ」のような体勢になります。そして、その体勢のまま、軽く飛び跳ねます。そして、足に力を入れて、ドシンと踏み込むように踵から着地します。その時、背中と腰の真ん中ぐらいの場所に強い痛みを感じる場合、原因は腰痛ではなく、腎臓の病気である可能性が高いです。また、この行為で特に痛みがなくても、前傾姿勢を取らず安静にしている最中にもズキズキとした痛みが抜けない場合、内臓器官に異常がある場合が多いです。この場合、整形外科に行ったあと、内科を受診するのが確実です。腎臓の病気の場合、早期に治療を施さないと、将来にわたって不自由するリスクが高いので、迅速な対応が求められるのです。

腰に痛みが出たらどこに行けばいいの?整骨院と整形外科の違いとは

腰痛になった時に、専門家に判断を仰ぐべきだということは誰でもわかります。そうして、さあ病院に行こうとなった時に、似たような場所がいくつかあるのに気づきます。整形外科、整骨院、接骨院、整体院。ぱっと思いつくだけでもこんなにたくさんあり、自分がどれに行けばいいのかわからないという人が非常に多いのです。そのでここでは、腰痛になった時に、最初にかかるべき医師と、それぞれの違いについて解説していきます。

まず、腰痛などになった時、何よりも優先していくべきなのは整形外科です。整形外科に在籍しているのは、医師免許を取得している医師のみです。国から正式に手術を行うことを許可されている人たちなので、ある意味、体の構造のスペシャリストです。整形外科でできることは、手術を始めとして、レントゲンの撮影や注射治療をはじめとした、一通りの治療すべてをまかなっています。また、手術などの費用がかさむ治療においても保険が適応されることがほとんどで、腰痛になったら、まず整形外科へ行くべきだということには、費用的なメリットがあるということでもあります。

次に、それぞれの医療機関の違いについてです。整骨院というのは本来は接骨院のことです。その接骨院ですが、基本的には、外傷による治療を専門としています。整形外科が医師免許を取得した医師なのに対して、接骨院は柔道整復師という免許を持った人で構成されています。骨折、捻挫、脱臼といった、外部からの干渉によって発生した、関節や骨に関わる怪我の治療に特化した人たちです。そのため、腰が痛いという場合は、体の内側に問題がある腰痛の場合、整形外科に行くことが望ましいのです。

最後に整体院についてです。整体院は免許や資格などを持っていない人が名乗ることが許されている名称です。治療に対する信頼度では、この中で最も低いでしょう。また、治療に際して、整形外科や接骨院と違い、保険の対象にはなりません。治療費はすべて自己負担です。よほど信頼がおける整体院でなければ、うかつにかからない方が安全とも言えます。

まとめます。整形外科は医師免許を持った人が、体の異常全てに対して治療や診断を行える場所。接骨院(整骨院)は、外傷によって関節や骨に怪我を負った場合、それらを治療する場所。整体院は、技術に自信が有り、免許を持たない人が、自分で開業でき、独自の治療法を提唱しているところです。

手術費用は保険が使える?ヘルニアなどの腰の病気の費用解説

ヘルニアになった時、一番確実な治療法は手術をすることです。しかし、手術と聞いて、私たちが気にせざるを得ないことは、手術費用のことです。そして、保険が適応されるのかということも重要な問題です。今回はそれらの疑問に答える内容で説明していきます。

まず、手術費用についてですが、一般的な椎間板ヘルニアの治療の場合、病院にもよりますが、だいたい入院期間は2週間~2ヶ月ほどで、費用は20万円前後とされています。また、症状が初期であり、手術に時間がかからない場合は、10万円以下で治療を受けることができる場合もあります。症状が重度で、かつ、かなり進行していた場合ほど、入院期間が長くなり、椎間板ヘルニアの場合、最長で約2ヶ月半、費用は25万円といったところです。

手術の方法として、一番有名なのは、後方椎間板切除術、通称ラブ法と言われるものです。椎間板ヘルニアの手術の大半がこの施術方法をとっています。患者の痛みが少なく、かつ確実性の高い方法とされているのが、このラブ法です。その他にも、症状によって別の手術方法がありますが、ここでは本題から逸れるので割愛します。

さて、次に重要になってくるのが保険の適応が認められるかどうかということです。椎間板ヘルニアの手術の場合、保険は適応できることが多いです。上述したラブ法による手術の場合、高確率で保険適応が可能となり、国民健康保険制度などの申請により、実質負担額は3割程度になります。ですが、気をつけなければいけないのは、保険が適応されるのは「手術等治療の過程でかかった費用」に限定されることです。つまり、入院が長くなったりした場合、その間の入院費(部屋の使用料や食事にかかる費用)は保険の適応外になることが多いことです。長い入院を余儀なくされると、手術以上に入院の方が金がかかるといったことになりかねないので、椎間板ヘルニアは、早期のうちに手術をするかどうか決めることが大切です。

椎間板ヘルニアは、保存療法という民間療法で改善させることも可能です。ですが、症状が進行し、座るだけで強い痛みを発するようになったら、保存療法ではどうしようもありません。こうなる前に、手術をすることを決心しなければいけません。

背もたれのない椅子は腰に悪い!腰痛を悪化させる日常生活の落とし穴

腰痛になった場合は、基本的に、腰に負担をかけないように日常生活を過ごすことが大切になってきます。しかし、その日常生活の中にも、意外と落とし穴があったりするのです。今回は、背もたれのない椅子に潜む、腰痛の悪化要因について解説していきます。

椅子に座るという行為は、前傾姿勢が取りにくくなっている腰痛患者にとって非常に負担が少なくなるとされています。そのため、一日の大半を座って状態で過ごすのが、筋肉の負担を避ける意味でも賢い方法であることは間違いありません。ですが、それは、正しい椅子を選択できていればの話です。間違った選択のもとに椅子を使用していると、症状を改善するどころか、一層悪くしかねないので注意が必要です。

一番選んではいけない椅子が、今回テーマとなる「背もたれのない椅子」です。背もたれのない椅子といっても、その種類や大きさには非常に多くのものがあり、一概に全部ダメとは言いにくいのですが、これだけははっきりしています。同じぐらいのサイズの椅子で、背もたれのある椅子と背もたれのない椅子があった場合、腰により多くの負荷をかけるのは、間違いなく背もたれのない椅子です。

ではなぜ、背もたれのない椅子が腰痛にとってよくないのでしょうか。背もたれが果たす役割は、簡単に言ってしまえば、腰を支えすことです。つまり、本来、筋肉を使って姿勢を保つ必要がある私たちの体ですが、背もたれのある椅子に座ることで、本来背筋部にかかる悲嘆を背もたれが肩代わりしてくれるのです。また、背もたれにのある椅子に深く座り、体を後ろに寄りかからせるような姿勢をとると、自然と背筋が伸び、腰椎にかかる負担を軽減するとともに骨盤の矯正という効果も期待できるのです。

一方、背もたれのない椅子の場合はどうでしょうか。まず、座ることで、重心が臀部へ移動します。そして、人間の体の中で一番重いのは頭です。その頭を支えるために、どうしても、前傾姿勢になってしまうのです。背もたれがある場合は、体を後ろに持っていくことで頭を支える必要がないのに対して、背もたれがない場合、肩と腰で、上半身を支えることになり、結果的に腰に、立っている時以上の負担を与えるのです。

ぎっくり腰になった場合は整体はダメ!その理由とは?

ぎっくり腰になった場合、適切な対応をとらないと、症状が改善するどころか、一層悪化する危険性があります。今回は、ぎっくり腰になった時に受診する病院の勘違いをテーマに、ぎっくり腰の正しい対処法について考えていきます。

ぎっくり腰は、通常、筋肉が負荷に耐えられずに起こすものと、姿勢が原因で起こすものがあります。どちらの場合も、痛みを伴う上に、前傾姿勢をとることが難しくなるので、できれば早く治したいと考えるでしょう。ぎっくり腰は、筋肉に負担がかかっていたため起きたものが大半なので、対処法はその疲弊した腰の筋肉周辺及び、筋や腰椎を回復させることが最優先の治療になります。

ぎっくり腰の対処法は実際のところそれほど専門的なものではありません。普通の筋肉痛と同じで、症状の出始めは、とにかく安静にして、患部を冷やすべきです。筋肉がある程度元の状態になるので数日はかかりますが、そのあいだに余計はことをしなければ、ほとんどのぎっくり腰はある程度改善されることが多いのです。

また、それでもいつまでたっても痛みがおさまらない場合、椎間板ヘルニアの可能性があります。また、腰ではなく、背中にかけて痛みが残っている場合は、腎臓をはじめとした内蔵部に病気があるケースがあるので、そういった場合は、改めて専門医に診てもらうべきでしょう。重要なのは、ぎっくり腰になった直後の対応が一番重要だということです。ここで正しい対応を取れるか否かで、ぎっくり腰が早期回復するか、あるいは慢性化するかが変わってくるのです。

さて、ではぎっくり腰になった時にするべきことと、してはいけない事をまとめておきます。まず、するべきことです。何かのきっかけでぎっくり腰になった場合、患部を冷やし、前傾姿勢を取らないように心がけます。また、体に負荷のかかる座り方をしないこと。そして寝るときに腰が痛いからといってうつぶせに寝ないこと。病院は整形外科へ行き、まずはレントゲンをとること。原因が骨盤のゆがみにある場合は、そのまま整形外科の医師にかかること。痛みが神経の圧迫によるものであれば、神経内科に行き、主に脊椎神経に異常があるかどうかを尋ねることです。

逆にやってはいけないことは、幹部をマッサージしようとしたり、トントンと叩いたりすること。筋肉にさらに負担をかけることになり、症状を悪化させます。また、すぐに整体に行って、腰に施術を受けようとすることも避けてください。この行為は、一番間違われています。

最も大事なのは「ぎっくり腰になった時に行くべきなのは、整体ではなく整形外科」です。特に民間の医療機関は、十分な診察をせずに施術を行う整体院が多く、ぎっくり腰であることを申告しても、施術によって骨盤のゆがみを正せば治るなどいう医師もどきすらいる始末です。原因が完全に把握できていない状態で、不用意に幹部に強い刺激を与える行為など。ただのギャンブルでしかありません。そのため、もし、確実に腰の痛みを治したいのであれば、慎重な病院選びをすることが大切なことです。

足がしびれて腰が痛い場合はどこが悪いの?神経と腰椎の解説

腰痛を起こしている人が、同時に足のしびれを訴えるケースがあります。このケースは、単なるぎっくり腰では起こりにくい症状で、事態が深刻化している証拠でもあります。今回が、腰痛と足のしびれにどんな関係があるのか説明していきます。

しびれるという症状は、神経が圧迫され、感覚が麻痺しかけている状態です。腰痛の場合、大抵が、椎間板を通して、脊椎神経を圧迫します。これは、椎間板ヘルニアに多い症状です。この神経を圧迫するというのがしびれの原因になっているのです。腰にある脊椎神経は、下半身の神経が多く通っている部分です。腰椎椎間板症や椎間板ヘルニアによってこの脊椎神経が圧迫されると、足に通じている神経の反応が悪くなり、足の痺れとして現れるのです。

対処法は個人でどうにかなる範囲を超えていることが多いので、大事になる前に医師に診察してもらうことが必要です。基本的には、腰痛に伴う神経症状に分類されるので、整形外科を受診することが確実です。民間医療は、しびれなどの症状の時にはおすすめしません。というよりも、下手な民間医療は事態を悪化させるリスクが非常に高く、むしろ避けるべきです。

また、最後になりますが、腰痛とは全く関係ない足のしびれが現れたときは、特に注意が必要です。中でも、急に足の痺れが出てきたり、ろれつが回らないといった症状が併発した場合、腰ではなく脳に原因がある場合が多く、この場合は一刻を争う症状であるケースです。脳梗塞や動脈硬化が疑われるので、脳神経外科や神経内科といった専門医を受診する必要があります。

ゴルフで仙腸関節性腰痛と椎間板性腰痛を防ぐために守るべきことは?

ゴルフをしていると、必ずと言っていいほど密接な関係がある病気が出てきます。それが腰痛です。ゴルフをしていて腰痛になるのは、腰をひねる運動によって、普段使わない筋肉を酷使して、それが原因で腰を痛めるのです。

では、ゴルフをして腰痛にならないためにはどうすればいいのでしょうか。ひとつ確実なのは、ゴルフ自体をやめてしまうことです。ある意味100%原因を取り除けるので確実といえば確実ですが、腰痛になるほどゴルフをやっている人は、大半がゴルフが大好きな人です。その人たちにすぐ辞めろといってもなかなか難しいでしょう。そのため、今回は、ゴルフを続けながら、かつ腰痛を回避する方法について考えていきます。

腰痛といっても、ゴルフの場合、仙腸関節性腰痛というものと椎間板性腰痛という2つのタイプの腰痛があります。どちらの場合も基本的な対応は変わりません。まず、一番大切なのは、自分の限界を知っておくことです。この限界とは、自分が無理なく使える筋肉がどの程度あるのかということです。腰痛とは、言ってしまえば、筋肉痛をこじらせたようなものです。少々乱暴な理論ですが、要は、しっかりと腹筋や背筋といった腰周りの筋肉が鍛えられていれば、このような腰痛を引き起こすことはないのです。また、関節の柔軟性も筋力と同じぐらい大切です。腰痛にならない一番の対策は、体作りにあります。

ゴルフの場合、腰をねじる運動の過程で、腰の周りに急激な負荷がかかり、腰痛症になったり仙腸関節を痛めたりするのです。そのため、ゴルフをする前にある程度知っておくことがあります。まず、前述しましたが、自分の肉体のスペックと限界点です。これを把握し、限界以上の運動を控えれば、腰痛は起こりません。また、ゴルフの前にしっかりと柔軟体操とストレッチを行い、プレイ後は、マッサージなどをして、腰の疲労を残さないように心がけることが重要です。

ここからは専門的になってしまうのである程度省略しますが、ゴルフのプレイングの過程で、避けるべき行動や、直すべき癖もあります。質の悪い腰の使い方をしていると、必要以上に腰に負荷がかかり、腰痛を助長することになります。

スイングで問題になるのは、体重移動です。通称リバースピボットといい、右利きの人の場合、バックスイングをするとき体重が左足から右足へと移動することです。通常と逆の体重移動をしていることで、これをやると、腰に負荷がかかる上に、バランスが崩れ、飛距離が出ない原因にもなります。その他にもアドレスの際に姿勢が乱れていたり、フェードボールを打ったりすると肩の均衡が崩れ、腰椎の位置をズラす結果にもなります。

間違ったスイングや、重心移動は、腰に負担をかけるだけでなく、プレイ内容自体を悪くしてしまいます。コントロールやコースが悪くなったり、飛距離が伸びなくなったりします。しかも腰も痛めるといいことなしです。そのため、自分のプレイスタイルで問題点があったり、肉体の限界以上のプレイングをしている場合、すぐに改めるのが、スコアと健康の両方にとって賢明なことです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >